主に日本海若狭湾一帯をHGで磯釣りしています。トーナメントにも積極的に参加しています。


by kdmejina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
若狭湾の釣り
紀伊半島の釣り
遠征の釣り
トーナメント
その他
釣場紹介
自己紹介
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

計画は
at 2017-06-23 09:49
1/25.26 愛媛県由良半島
at 2017-02-01 09:58
10/24 沓釣行
at 2016-10-24 22:58
6/5 冠島釣行
at 2016-06-11 20:04
3/17 白木釣行
at 2016-03-21 14:41
愛媛県矢が浜釣行2
at 2016-03-01 17:31

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

1/9 神子釣行

正月の寒波から海が荒れ続け、水温も一気に下降。1/9日は南東の風、波1.5m曇りの予報。
前日の夜に神子の大観渡船に電話すると、波が多少あるもののGOサインがでた。
若潮屋釣具でグレパン・遠投TRとオキアミ2枚を混ぜ帰宅し就寝。ドキドキして寝付けず朝を迎えた
当日、若狭磯友会の前原氏と同行し、9時に神子漁港に到着。船長に新年の挨拶を終え、即座に用意し出船。港をでて湾奥にあるサザエに渡礁。神子の磯では一級磯で過去に40オーバーの実績もあり、チヌの大型も期待できる。最近の時化で人が入っていないので状況はわからないが期待ができる。天気が次第に曇りからミゾレが振りだす。最高気温3度は魚の活性以前に、人間の活性にも良くない。
手がかじかみながらも早速釣り開始。足元にマキエを打つと、スズメダイが多少出てきた。先陣をきって右側の釣座の前原氏が竿を曲げる。竿曲がりを見ているとそこそこの良型のようだ。28㎝ほどのグレが5匹ほど連チャンしそのうち、かなり良いサイズを足元の張り出した根でバラシていた。
私はいきなり穂先を折るトラブルがあり、出遅れるが、この状況でグレが釣れることに驚いた。水温も下り、喰いが渋いであろうと予測したが、浅いタナでも喰ってくる。手のひらの木端も釣れる。私にも綺麗なアタリがあり、25㎝前後を数枚キープ。足元には餌取がいるので、マキエは常に足元にうち、少し遠投すればウキが入る感じです。しばらくして潮が緩み始めると、ここから数時間沈黙の釣りが始まる。餌が残り、釣れる気配がない。うねりが強く、地方向きへ移動するが、今いちぱっとしない。ミゾレと冷たい風に翻弄されながら15時を周ったところから状況が一変する。雨風も収まり、再び沖向きのポイントを見に行くと前原氏が30㎝のグレを釣ったとのこと。私もポイントに戻り、同じ付近を狙うと、竿1本程のタナで今日一番の引き!あがってきたのはこちらも30㎝のグレ。潮が沖へ流れ始め、沖で泡が溜まっているポイントに狙い定めると、アタリが増えてきた。しかし、ウキは消しこむものの、素張りが多発する。前原氏も食い浅いなぁと言いながらも確実に仕留めている。素張りしないように、早合わせや、素早く取り外しできるゴム張りガンダマG6をチモトに打ったりしていると、次第にヒット率が上がってきた。日中の沈黙がなんだったのか思うくらいアタリが続出。素張りも多々ありますがあたれば28㎝オーバー。前原氏はG2ウキで少し深いタナ、私は0号の完全フカセ。浅いタナでも深いタナでも喰ってきた。もう少し粘りたかったが、17時納竿となりました。結局釣果は前原氏が30~33までを12枚、私は28~31㎝を8枚。25㎝台も多数出て、束の間の休日を目一杯楽しむことができました。まだ水温も下りきっておらずグレも期待でき、これからチヌも狙えます。港を出て右側の神子崎近辺の磯では毎年大型のチヌの実績があるので、こちらの方も是非行ってみたいと思います。

水温14度にしては良く釣れた
a0120877_9104767.jpg

私の釣果
a0120877_9105357.jpg

前原氏の釣果 30~33㎝12枚
a0120877_9105964.jpg
a0120877_9111323.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-14 22:49 | 若狭湾の釣り