主に日本海若狭湾一帯をHGで磯釣りしています。トーナメントにも積極的に参加しています。


by kdmejina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
若狭湾の釣り
紀伊半島の釣り
遠征の釣り
トーナメント
その他
釣場紹介
自己紹介
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

計画は
at 2017-06-23 09:49
1/25.26 愛媛県由良半島
at 2017-02-01 09:58
10/24 沓釣行
at 2016-10-24 22:58
6/5 冠島釣行
at 2016-06-11 20:04
3/17 白木釣行
at 2016-03-21 14:41
愛媛県矢が浜釣行2
at 2016-03-01 17:31

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:遠征の釣り( 15 )

12/12.13 日振島釣行

日振島へ大会をかねて行ってきました。
京都で山村氏と合流し、明石から青田氏と合流して5人で出発。
山陽道で他の関西組5名と合流し、2台のハイエースで10人でいざ愛媛へ。
朝方3時には到着し5時前にはまざき渡船へ到着。
a0120877_1438523.jpg
















初日の親睦釣行では[10番の丘]へ3人で渡礁
a0120877_1421297.jpg












2番目にジャンケンに勝った私は沖向きで釣り開始
足元には馬面・スズメがいて餌が残らないので
竿2本沖を探ると、25㎝サイズのグレ
その後あちこっち探ると30㎝までがポロポロ釣れる
大きなバラシもあった。
人生初のカツオの引きに少し感動していると
喰いが渋くなってきた
たまに餌がないときもあるので狙いにブレがでてきた
日振は2回目でヒットポイントもわからない。
遠投釣場が多いと聞いていたので、遠投しかないと頭にインプット
されている。どうしても釣れないので足元を狙う。
サラシがうるさくない場所へ餌取が気付かない程度にマキエをうち
ゆっくり馴染ますと35cmのグレが釣れた。
a0120877_14224633.jpg












その後ももう一度狙うとまた一発で竿がノサレタ(。→ω←。)
さらに喰いが渋くなってきたので左側の9番側へ移動。
沖20mにシモリがでている。
そうこうしていると
グレらしく魚影がみえてきた。
浅いので軽い仕掛けで流すときた!
竿が曲がりこれは40あるぅ!と思い興奮してあげてくると
イスズミでした(悲)
a0120877_14255257.jpg




 











その後もイガミなど釣れるも納竿となりました。
バリさんは10番で45㎝クラスZEROさんは木下バエ49㎝!
晩は懇親会で色んな方達と交流できました。

2日目はAFGカップ。
参加者は68名!
徳島からは小里名人・立石名人も参加されました。
a0120877_14222931.jpg












大会挨拶・競技説明のあと6時に出船。
1・2・3位は宇崎日新の竿
4位以降も豪華景品ずらり並べてあります。
11番にあがりました。
風がびゅんびゅん吹いている(西風?)
左側から釣り開始
竿1本沖に潮目ができている
そこに狙いを絞りじっくり攻めるが
キタマクラなどの餌取で苦戦する。
同礁された方は足元で何度かバラシている。
底にはシモリがあり、そこから出てきているようだった
同じ付近を狙うとまたまたバラシしてしまった。。
根がありバラシのリスクを考え竿1.5号の2号通しに変更。
沖は餌が残る、喰うのは足元オンリー
この時点で狙いは際に固まる。
取込み難から来る太仕掛けへ固執。
喰うのは際。
頭の中が固くなっていた。
まして風が強く手返しのリズムが悪い。
喰うタナ・場所もわからない悪循環。
そして仕掛けのトラブル。
経験の少なさ、精神的な弱さを感じました。
こんな感じで結局グレ0で終了。
ネットで調べると15m沖に根がありそこがポイントだったそうです

帰港後検量
a0120877_14454487.jpg












50cm近いグレを持っているいとが数人いる
四国支部のメンバーも45を超えるグレが続出!
a0120877_14315368.jpg












きゅうさん・高畑さんも42㎝の良型グレ!
a0120877_14481348.jpg
a0120877_14301814.jpg

















表彰式が終わり、いよいよお楽しみ抽選。
キザクラの尻当を頂きましたキタ━(゚∀゚)━!!
a0120877_14294092.jpg













バッカン争奪じゃんけんも白熱した展開になり
盛り上がった大会になりました。
朝3時に到着し朝7時まで仮眠しての仕事は辛かった・・・
またリベンジいきやす!

a0120877_14442933.jpga0120877_14444267.jpga0120877_14445481.jpga0120877_1445254.jpg
[PR]
by kdmejina | 2009-12-16 12:33 | 遠征の釣り

7/19 神子元釣行

大阪の青田さん・米村さん・高畑さんの4人で南伊豆の神子元に釣行してきました。
夜9時30頃に彦根インター駐車場で拾ってもらい、一路下田へ向かいました。
道中は混んでいて、雨が酷く視界が見えないくらい降っていたので渡船が心配でした。

3時前に下田へ到着し、グレ吉さんとその友人に挨拶をしました。
4時に出船し40分ほどかけて、神子元が見えてきました。

本命のアンドロは他の客が入り、4人でツナトリという磯にあがりました。みた感じ、すごく良い雰囲気でした。

最初に自分は一番良さそうな場所に入らせてもらいました。
風は強く潮は右へ流れています。
マキエを打つと、タカベなどの餌取が群がってきます。
途中大きなグレが一匹悠々と泳いでいるのを見ました。
米さんに来てもらい、多分グレやね!と言われ、狙いましたが餌取が多くここで磯変えとなりました。
潮は右に流れる下り潮より、左に流れる上り潮の方が良いと地元の方が言っていました。

次に乗った磯は本場3号。
潮は右から左へガンガン流れています。
日本海ではこんなぶっ飛び潮皆無です。
マキエを打つとタカベ・イサキの下にグレがみえました。
潮がたまる場所も無く、本流に乗せて釣るしか術がなかったので
最初はハリス1ヒロとり、1号のウキにオモリ1号+B+G5とダン打ちスタートしました。
釣れるのはタカベばかりです。
暫くして潮が緩んできたので
仕掛けを0のウキに変更、G8を2つ付けて再開。
馴染みが悪いのでG8を4つかまして馴染むようにしました。
際でサシエを馴染ませて仕掛けを送り込み、2ヒロくらいで
ガツン!!
グングングン!!
際に向かってきました。
上がってきたのは45㎝ほどのイスズミでした。
本命とは出会えませんでしたが、壮大なロケーション。魚達のパワフルな引きに
魅せられ、神子元釣行は終了しました。
2日目は波が高く1日で終了しました。
a0120877_12393281.jpg
a0120877_12394895.jpg
a0120877_12402467.jpg
a0120877_12403251.jpg



[PR]
by kdmejina | 2009-07-22 12:41 | 遠征の釣り

愛媛県 日振島釣行

2008/12/5~6
●場所
愛媛県日振島
●磯名
才蔵奥の奥 
●釣果(出船~14時)
グレ42~46.5㎝ 2枚
   35㎝クラス  3枚
●タナ
1ヒロ~3ヒロ
●海況
波1.0m 風 北西5m
●状況
12月7・8に愛媛県日振島に釣行しました。
今回は大阪の青田さん・米村さんはメーカーの取材で便乗させて頂きました。金曜日の夕方に大阪の釣具店Tポートに合流し、餌を混ぜて出発です。日振島は当たり年とのことでしたので後は天気の心配だけでした。前日は雪が降っていたので凍結が心配されましたが、無事に愛媛に到着しました。渡船場に着くと10数台の車が止まっていたので多そうです。船が出船して、30分走り日振島が見えてきました。今回はテスターさん達の釣りがみたかったので、今年のマルキューグレカップ決勝会場となった「才蔵の奥の奥」という磯に同礁しました。
今回はテスターさん達がどう釣りをしていくかをじっくり見学させてもらういました。
テスターさんの釣りをみていると、初めは型が小さく苦戦しているようでした。最初に米村さんの竿がギンギンに曲がり、浮かした所で針ハズレとなりました。みためは40を楽に越しているサイズでした。10時頃に潮が釣り座正面を右から左に流れ始めた頃に、こっぱサイズが30㎝台に代わりました。竿をだして良いよと言ってもらい、邪魔にならない所で釣りを開始した直後の数投目40cmくらいのグレをかけました。浮かした後針がはずれました。11時頃になって潮目が正面20m沖にできている所で、テスターさん達は40オーバーがコンスタントに上がっています。そして49㎝が掛っていますが、魚がすんなり浮上してきていました。竿を反発力を生かし、胴に乗せるやりとりでしたが、竿がスムーズに始点移動してパットに乗せてる感じをうけました。トーナメントタイプの竿で50近いグレが簡単にあがるので、胴がしっかりしていると実感しました。 私も見よう見まねで狙いますが、釣れません。仕掛けなどのアドバイスを受け、タックルの選定してもらった直後、遂に42cmのグレが釣れました!周囲をみると皆竿をひん曲げっぱなしの状況になりました。自分も潮目ができている付近に投入すると、今度は強い引きです。数回の突っ込みもあり、あがって来ると46.5センチの口太グレが釣れました。自己記録を更新でき、勉強になった釣行となりました。
●タックルデータ
ロッド:シマノ ファイヤーブラッド テンタクル
リール:シマノテクニウム
ライン:東レ 銀鱗チヌ 1.7号
ハリス:1.5号
餌:V9SP×1 TR×2 グレパワー遠投 オキアミ2枚


a0120877_16501893.jpg
a0120877_16504343.jpg

a0120877_1652459.jpg

a0120877_1651830.jpg


[PR]
by kdmejina | 2008-12-10 21:33 | 遠征の釣り

2007/12/28.29 鵜来島遠征

年末の釣行を計画し、口太グレが絶好調な鵜来島へ4人で行ってきた
車で8時間宿毛港へ到着。片島磯釣りセンターでボイル2枚とあみえびを混ぜる。
出船まで暫くおでんを食べたりしてワクワクしながわ出船時間を迎える
一日目は姫島回りでしたが、船頭任せで本島に向かいました。乗った磯は本島南にあるシズミ付近の無名磯でした。ですがまったくグレがつれません。船から降りる前に昨日は20・30枚釣れてたよ!と言われてたので期待しましたがグレ36cm一匹に終わりました。雨が土砂降りでしたので水潮になった影響と船頭が言っていました。島田君は口太41cm2枚にイサキ2枚釣りました。

2日目は希望通りビシャゴという磯です。出船し港をでると台風のような風でした(北北西18m)磯にあがりましたが、立つことも精一杯の風でしたが。タックルを準備します。竿1.75号弾で開始後、2投目で38cmのグレが釣れました。結局風はさらに強くなりウキ5Bに段シズで5B+2B+B+ジンタン2と超変則仕掛けでしましたが風が突風で仕掛けが落ちていきませんでした。フロートラインしか持っていかなかったのでサスペンドラインの重要さも感じました。14時釣果は1匹で終了しました。

鵜来では15m以上の風での釣りは当たり前みたいです。こんな風でできるわけないと決めていましたが最後にはこれでも釣果をあげる人がいると思うとまだまだ未熟さを感じた。釣りの難しさ、いい条件で釣りができるありがたさをさらに実感し、今回の釣行は釣果的には不満足ですが鵜来島にきて色んな事を学べたことが大きな収穫になりました。もっともっと腕を磨いていつかでかいの釣りたいと心で近いました。それにしてもあの風の攻略方はどうしたらいいかわかりません

a0120877_1172151.jpg

島田君の44㎝が最長寸
a0120877_1172989.jpg
a0120877_1174192.jpg

[PR]
by kdmejina | 2007-12-30 14:16 | 遠征の釣り

2007/6/22 神津島釣行

人生初の神津島遠征へ行ってきました。
早めに下田に到着し準備を始める。
今回お世話になる賀寿丸
これがまたとても大きい船だ
初日は前日ウネリが残り磯はタナダエ方面での釣となりました。
日新のテスター青田氏関東拓山会の白澤さんグループ・大阪ミナト磯釣クラブの会長丸島さん総勢6名で乗ることになりました。
磯の名前はわかりませんが波気があり、釣座は高くとても仕掛が馴染みません。
サラシがどでかく仕掛が立ったまま一気に沖へ流れていきます。
魚の活性が低く、尾長30センチまでが2枚という貧果で終わりました。
青田さんら数人は昼頃磯替わりし、イサキの良型を釣られてました。

2日目はオンバセ群礁の中でも一級磯のヒラッタイ。
やり始めてしばらくで尾長グレが釣れて大興奮です。
25~38cmのサイズを釣ることができ楽しむことができました。
バラシた尾長は良くひきました。。
午後からあたりが遠のき3時船がきて納竿となりました。
a0120877_12444383.jpg
a0120877_1244509.jpg
a0120877_12445897.jpg

[PR]
by kdmejina | 2007-06-26 20:03 | 遠征の釣り