主に日本海若狭湾一帯をHGで磯釣りしています。トーナメントにも積極的に参加しています。


by kdmejina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
若狭湾の釣り
紀伊半島の釣り
遠征の釣り
トーナメント
その他
釣場紹介
自己紹介
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

計画は
at 2017-06-23 09:49
1/25.26 愛媛県由良半島
at 2017-02-01 09:58
10/24 沓釣行
at 2016-10-24 22:58
6/5 冠島釣行
at 2016-06-11 20:04
3/17 白木釣行
at 2016-03-21 14:41
愛媛県矢が浜釣行2
at 2016-03-01 17:31

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11/23 左右釣行 team若潮例会

釣具屋のチームの例会に越前左右へ参加してきました。
参加15名で3匹の長寸&大物賞を競います。

前日のウネリが残り出船が危ぶまれたが朝には波が収まった。
船長曰く最近出船していないので釣果がないとのこと。

朝6時30分に出船し、左側の磯から下ろしていく。
私はくじ引きで西脇さんと長崎のハナレへ渡礁。

早速準備をして船着きでスタート。
餌取のスズメダイがご挨拶にきた。
足元は諦め沖へキャスト
スズメが足元で挨拶をしている間に
さっそくグレがご挨拶!
26㎝。まずまず
そのポイントもやがてスズメがでていく
分離したいがサラシがどでかく沖まで一直線。
遠投で手のひらくらいを追加していく。
なんとか30㎝を2枚追加しキープ。
やがてウネリがでてきてこの場所を諦め西脇さんの高場へ移動。
ここはまだ風が正面からきて幾分釣りやすい。
越前岬よりへ潮が流れている。
餌取も遠投すれば沖まででていかないのでチャンス。
沖の潮目付近に遠投して風・ウネリが強いので少しガンダマをつけスルスルで狙うと
30㎝!
31㎝!
30㎝!
29㎝!
30㎝!
と当たれば30オーバー!
優勝の陰がチラッと脳裏をよぎる。
しかし今の時期30㎝では勝てないと察知
後は天におまかせで良型を祈るのみ。
遂にその時がきた。
ウキがスパッと今日一番のスピード入っていく。
しかも掛けた瞬間ウキ足元!
巻いても巻いても手ごたえがない!
磯際からのやりとり浮いてきたのは36㎝!
5mの玉ではしんどいがなんとかタモ入れ。
この時点で脳裏は大物賞のがまかつのバッカンが脳裏をよぎる。
まだ油断はできないのでサイズアップをもくろみますが
波が高くなり4時で納竿。

港に帰り検量。
36㎝+31㎝+31㎝=98㎝
大物賞&3匹長寸で優勝決定!
がまかつのバッカンと賞金GET!
三輪君は青島で4位でした。

和気藹々とした楽しい大会でした。


●餌取 スズメ多い(沖向きは足元からでていかない)
●アタリ 30㎝台は竿1本弱でウキを消しこむあたり。
●配合 グレパン×1 TR×1 V10SP×1 オキアミ×2
●針 4号が一番良い
●ハリスは2ヒロ~3ヒロ
●一発バラシ 多分ヒラマサ(周っているらしい)

※エンゲで尾長40㎝ 下小島で47㎝がカゴ釣り客が釣ったようです

a0120877_18153273.jpg
a0120877_18155847.jpg
a0120877_181638.jpg

a0120877_18183168.jpg
a0120877_18164354.jpg
a0120877_18165050.jpg
a0120877_18165931.jpg
a0120877_18172428.jpg

[PR]
by kdmejina | 2009-11-25 18:19 | 若狭湾の釣り

11/21 沓一文字

西風が10m吹き波高3mの予報で風裏になる沓一文字へ釣行してきた。

この場所は過去に尾長47㎝や口太も35後半サイズがまれに釣れる秘密の一文字スポット。

朝9時に浜ちゃんと合流し、ボートで渡り釣り開始。

以前完全試合をくらっているので心配です。

2投目に20㎝のグレ。

足元にはスズメ・アイゴの活性が高い。

立て続けに同サイズを3枚釣る。

ここまでは良かった。。

だんだんと喰いが渋くなり、刺し餌が残りだす。

底まで15mあるのでグレのタナがわからない。

マキエはパラパラ打ち、4ヒロから沈めて探ると28㎝がきた!

そんなかんだで結局グレ6枚で3時終了。

鼻水が止まらないほど寒かったです。

地合で釣れた以外に探って釣れたのが収穫だった。



●グレ活性低い
●左端は餌まる残り
●足元は餌取の活性が高く餌のこらない
●ポイント竿1本半ほど
●微妙なアタリをとる(ウキがスカッと入らない)


a0120877_17494318.jpg

[PR]
by kdmejina | 2009-11-25 17:49 | 若狭湾の釣り

11/14 三重県古和浦釣行

三重県古和浦へ河合さんと行ってきました。
日本海側が大時化で足止めされ太平洋へ。
若潮屋でエサを作り2時30分出発
途中エサキチに立ち寄ると大勢の方がいました。

海族渡船に朝5時到着
地元敦賀のクラブの方とばったり会う。
船長の話ではあまり釣れていないとのこと

6時30分に出船し「大島の地」へ渡礁
天気は快晴で前日のうねりが少々。
気持ちも高ぶります^^
さっそく準備し釣り開始
1投目はキタマクラ!
2投目もキタマクラ!
3投目もキタマクラ!
4投目もキタマクラ!

4投連続で速攻グレが速攻でなくなりました。
500キロもの道のりをかけてきてるのでこれでは帰れない。

偏光グラスからはキタマクラ・イワシが見えるが
グレは見えない。
仕掛けを少し重くして深いタナへ変更(竿1本)
足元にフグを寄せ、10mほどの場所を狙う

仕掛けが馴染んでシモリだすとウキ沈下スピードが若干早くなったときにあわせると魚がヒット!
グレの28㎝がきました。
しばらく沈黙がありながら同じパターン23~25を3枚追加
ウキもスカッと入らず、渋っている感じのなか釣れたのは収穫でした。
やがて沖のポイントも北枕が釣れるようになり万事休す全体的にあまり釣れていない様子でしたが
他船では52㎝の口太が上がったみたいです。
a0120877_1713023.jpg
a0120877_1713756.jpg
a0120877_1713148.jpg
a0120877_17132144.jpg


●釣果 グレ    22~28㎝×4 タナ3.5ヒロ ポイント竿1本 まぶしエサ
     イガミ   30㎝×1       1枚 
     シマアジ 25㎝×1      
     アオリイカ     

●配合  TR×1 グレベスト×1 ヌカ×1㌔ オキアミ×2
      エサが随分余る 

●赤島で52㎝の口太が釣れていた
 大島のハナレはカツオが爆釣

●前日の時化で水温が下った模様 
[PR]
by kdmejina | 2009-11-16 17:09 | 紀伊半島の釣り

11/7 立石釣行

立石の沖の一番へ國領君と釣行してきました。
朝6時に立石漁港を出航。
20分程で沖の1番がみえてくる。
難なく渡礁し準備開始。
この磯はドン深で15m沖に大きなシモリがある。
朝は当潮で少し沖からキャストし、仕掛けを巻き込みながら
アタリを待つと22㎝のグレが釣れる。
その後も同サイズ。
スズメがかなりおり、ポイントまででていく。
当潮が緩み、マキエが効いてくると
アベレージが28㎝台になってきた。
私の場所はスズメが出て行き餌が残らない。
一方の國君はグレが入れ食い。
彼は半にやけながら、場所がええねん!って言う。
実験の意味を込めて(私のタックルハリス1.5ヒロ VS ハリス2.5ヒロ)
でウキを並行に流すと、國君にアタリ・アタリ・アタリの3連発!
ハリスを長くとり、仕掛けが重い方が釣れるのが分かった(2Bウキ下3.5~4ヒロ)。
またグレの喰うタナは2~4ヒロでも喰うのが分かったが
ポイントの幅は3m以内と厳選されているのが判明。
大会などでは境界線が引かれるので
自分の場所でポイントを作ろうとしますが
グレは國君についていました。
その後30オーバーが入れ食いもあり、竿が曲がる状態が続く。
夕方になると出現する杓アジもでてこず良い釣果で終わることができた。
今回國君が良く釣れたのでよかったね!


●釣果  グレ 30~34㎝(24枚 2人で)
          25~29㎝(多数リリース)

●アタリ  ウキであたり

●餌取  スズメダイ(活性が上がったり下ったりしている・2ヒロまで喰ってくる)

●タナ    3~4ヒロ (上層は型が小さい&スズメに食われる)

●ナマリ   國君 3Bの段シズ 私 2Bの段シズ 

●餌     ボイル必要 40ℓバッカンでOK。



a0120877_920874.jpg
a0120877_9201520.jpg
a0120877_9202032.jpg
a0120877_9203296.jpg
a0120877_9203853.jpg
a0120877_9204533.jpg

[PR]
by kdmejina | 2009-11-10 23:16 | 若狭湾の釣り

11/1 白木テトラ釣行

白木のテトラへ丹羽君・野添君の3人で釣行してきました。
波予報は1m→2.5m
午後に前線が通過する予報の為、安全面を考慮し白木テトラへ。
以前このテトラでミニグレ爆釣したので今回の
テーマは「木端が多い中からのサイズアップ」
空いているテトラの上下で窮屈ながら釣り開始。

一投目で25㎝サイズ。
2投目からは23㎝くらいになり、まれに25㎝がポツポツ釣れる。
アベレージ18㎝のサイズを予想していたので、少し嬉しい。
餌取も多少いますが、15m先に投げ、マキエをこぼさず打てば
高確率で23~25㎝まで釣れます。
案の定マキエが聞き出すと、少し喰いが渋くなってきました。
細ハリスの練習も込めてハリス1号・針をのませ3号にチェンジ。
今度はアタリが増えるが、素張りが多発。
針を速攻グレ4号に変えると素張りが減りました。
サイズアップを目差し、ジンタン1号をつけ少し深いタナを狙い
本日最大の30㎝のグレを釣りました。
その後も28~30㎝も釣れ、課題をクリアできました。
丹羽君は対極の軽い仕掛けでしていましたが、型は少し深タナに
軍配がありました。
野添君は愛竿を根元からへし折り、上州屋へ直行していました。




●餌取スズメ多い(沖まででていくが途中から沖へでていかず)
 グレは3ヒロ弱が型揃い
 2ヒロまでは22㎝サイズが多い。

a0120877_13223358.jpg
a0120877_13224016.jpg
a0120877_13225162.jpg
a0120877_1322582.jpg
a0120877_1323332.jpg

[PR]
by kdmejina | 2009-11-05 12:51 | 若狭湾の釣り

10/31 坂尻テトラ釣行

國領君・野添君との3人で坂尻沖テトラへ行ってきました。
当初は磯へ行くつもりが朝方急にうねりが入り、渡船も撤収になったと情報が入った。
秋は天気の変化が激しいので無理をせず坂尻のテトラに決断。

この坂尻テトラは小型(25㎝前後)のチンタを数釣りでき、まれに40㎝サイズが喰ってきます。
野添君はまだチヌを釣ったことがなく今回釣ってもらう目的もあります。

3人等間隔で別れスタート。
足元には小アジがパチャパチャしています。
遠投場所なので20m程遠投してポイントを作ることに。
10時~12時までは大量のフグ・当潮に邪魔されここまでノーフィッシュ。
昼頃から潮が少し沖向きへ流れ出す。
ここであたりがでる。
まずチンタの25㎝クラスがヒット。
國領君もここでヒット!
喰うタナは2ヒロまでで釣りやすい。
フグの活性は下がり、当たればチンタまれにフグ・ボラといった感じ。
野添君はまだ釣れていないのでアドバイスをする。
すると即座にアタリが。
上がってきたには生涯初のチヌ。小さいが目的達成。
今後はまた大きいサイズを釣ってもらいたいですね。

夕方まで結局25サイズのチンタを15枚。

帰りにテトラから國領君がタモ枠を海に落とし
それを回収しにダイビングしてきました。
最後に落ちありの釣行となりましたが
次回は何を落とすか期待ですね。
大きな魚かもね・・・
a0120877_131247100.jpg
a0120877_1313040.jpg
a0120877_1313622.jpg
a0120877_13131254.jpg
a0120877_13132330.jpg
a0120877_13133640.jpg

[PR]
by kdmejina | 2009-11-04 12:55 | 若狭湾の釣り