主に日本海若狭湾一帯をHGで磯釣りしています。トーナメントにも積極的に参加しています。


by kdmejina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
若狭湾の釣り
紀伊半島の釣り
遠征の釣り
トーナメント
その他
釣場紹介
自己紹介
未分類

以前の記事

2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...

検索

その他のジャンル

最新の記事

1/25.26 愛媛県由良半島
at 2017-02-01 09:58
10/24 沓釣行
at 2016-10-24 22:58
6/5 冠島釣行
at 2016-06-11 20:04
3/17 白木釣行
at 2016-03-21 14:41
愛媛県矢が浜釣行2
at 2016-03-01 17:31
愛媛県矢が浜釣行1
at 2016-03-01 17:28

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

1/30 日引釣行

a0120877_10571643.jpg
a0120877_10574081.jpg
a0120877_10575137.jpg
a0120877_10575729.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-31 23:14 | 若狭湾の釣り

再び日引

まもなく出船
客五人ほど
情報では渋い釣りになりそうです
[PR]
by kdmejina | 2010-01-30 06:23 | 若狭湾の釣り

1/23 日引釣行

日引の磯へ行ってきました。
予報では波3mの西風
ここは西風にはめっぽう強い場所です。
朝7時に出船し、正面崎より手前の磯へ下りる。
沖50mには定置網が設置され、潮は右から左へ流れる
オセンが結構いるようで餌が残らない
分離しながら28㎝サイズを3枚釣る
日が昇りはじめるとオセンの勢力が増し遠投も聞かなくなる
グレもいるんだろうが餌取がかわせない
弁当を車に忘れていたので船長に迎えにきてもらう
その後正面崎へいけるか聞くとOK!がでた
手前と沖側では潮通しが全然違う
a0120877_12362678.jpg

沖の泡目でヒット(4ヒロ)
a0120877_1495341.jpg
期待しながら磯にのった頃は昼を周っていた
弁当を食べながら日本海の景色を堪能
幸せを感じながら足元にマキエをいれるとスズメダイ!
マキエワークで交わせると判断
沖へ少し投げ
足元には大量のコマセを入れて釘付け
するとG2号竿1本のタナで狙っているウキがスコーンと入る!
30㎝!
思わずやりとりが半にやけ状態
次も繰り返すと
33㎝!
思わず野添の顔を伺いながらのやりとり
次も30オーバー!
夢中モードに入る
ワイルド野添も30㎝をゲッツ!
a0120877_142834.jpg
餌取分離すればかなり釣れる
その後も喰い続けました



●釣果 グレ28~33㎝ 22匹
●アタリ 穂先 ウキ 竿1本
●餌取  スズメダイ 多い      
a0120877_1422996.jpg

a0120877_1237495.jpg

a0120877_9411367.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-25 12:43 | 若狭湾の釣り

1/17 立石釣行

チーム若潮の4人で立石の磯へ行ってきた。
波は1.5m晴 風南東 大潮
私と野添君は女岩
浜ちゃん・藤本君はミナミバエに別れた

私の釣り座は右にでるサラシが強くヒットポイントは遠方になりそうなので
足元にコマセを入れて仕掛けを少しなげ沖でヒットするイメージを作る。

仕掛けはハリス3ヒロの固定にガン玉を二段打ち
手のひらがポツポツ釣れる状況
その繰り返しで30㎝をGET!
その場所もやげてフグに支配され
毎投ごとに針がなくなる(結局50本ほど・・)

この場所を諦め
沖の一番や長磯方面を検索しに行くがウネリがきつくあがれそうもないので
浜ちゃん達がいるミナミバエへ様子をみにいく
こちらもフグに苦戦中で
波があって釣りにくい状況
潮下にいれてもらい釣り開始
仕掛は岡崎方面へ流れ良い感じだが
こちらもサラシがでかく釣りづらい

         △(オカベ)  

     

                 ヒット!(しかしフグ) 
                  ↑
                 ↑
                ↑
→→→→→潮      ↑                     
→→→→→風     ↑
   
           ↑
           ↑
        サラシ
        釣座(ミナミバエ)
a0120877_9285257.jpg

野添も苦戦している。
a0120877_9283289.jpg

後ろの地方に回った藤本君が竿を曲げている
a0120877_9281963.jpg

42センチのチヌであった
ここで日も落ちてきたので終了となった
a0120877_9275369.jpg



撤収時に事件がおきる!
波が大きくボートにのるときに浜ちゃんが海へ転落
しかも波高い
なんとかボートのロープにつかまり無事だったが
やはり釣りは危険が伴うので十分気をつけなければと実感
秋は天気がコロコロ変わるのでまだ渡船の方が安心だ
それにしても水温がだいぶ下り厳しくなってきました
そろそろチヌの移行期と感じる釣行となったワン
a0120877_9291773.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-19 00:05 | 若狭湾の釣り

立石温排水 下見

立石のゴロタ浜ここで私は日本海でグレ40㎝を2枚釣った場所だ
その場所へチーム若潮の永坂氏が夜釣りで行っているので夕方見に行ってきた
a0120877_9191567.jpg

この場所からマキエを投入
a0120877_919331.jpg

木端とフグが入れ食い!
a0120877_9194015.jpg

30センチのグレがヒット!夜は大型に変わるかも
a0120877_9194659.jpg


結局夜中までフグとの格闘であったようです。
温排水は2月で停止するのでそれまでに勝負したいのですがフグの異常発生
をみると今年は厳しそうです
[PR]
by kdmejina | 2010-01-15 00:01 | 若狭湾の釣り

1/9 神子釣行

正月の寒波から海が荒れ続け、水温も一気に下降。1/9日は南東の風、波1.5m曇りの予報。
前日の夜に神子の大観渡船に電話すると、波が多少あるもののGOサインがでた。
若潮屋釣具でグレパン・遠投TRとオキアミ2枚を混ぜ帰宅し就寝。ドキドキして寝付けず朝を迎えた
当日、若狭磯友会の前原氏と同行し、9時に神子漁港に到着。船長に新年の挨拶を終え、即座に用意し出船。港をでて湾奥にあるサザエに渡礁。神子の磯では一級磯で過去に40オーバーの実績もあり、チヌの大型も期待できる。最近の時化で人が入っていないので状況はわからないが期待ができる。天気が次第に曇りからミゾレが振りだす。最高気温3度は魚の活性以前に、人間の活性にも良くない。
手がかじかみながらも早速釣り開始。足元にマキエを打つと、スズメダイが多少出てきた。先陣をきって右側の釣座の前原氏が竿を曲げる。竿曲がりを見ているとそこそこの良型のようだ。28㎝ほどのグレが5匹ほど連チャンしそのうち、かなり良いサイズを足元の張り出した根でバラシていた。
私はいきなり穂先を折るトラブルがあり、出遅れるが、この状況でグレが釣れることに驚いた。水温も下り、喰いが渋いであろうと予測したが、浅いタナでも喰ってくる。手のひらの木端も釣れる。私にも綺麗なアタリがあり、25㎝前後を数枚キープ。足元には餌取がいるので、マキエは常に足元にうち、少し遠投すればウキが入る感じです。しばらくして潮が緩み始めると、ここから数時間沈黙の釣りが始まる。餌が残り、釣れる気配がない。うねりが強く、地方向きへ移動するが、今いちぱっとしない。ミゾレと冷たい風に翻弄されながら15時を周ったところから状況が一変する。雨風も収まり、再び沖向きのポイントを見に行くと前原氏が30㎝のグレを釣ったとのこと。私もポイントに戻り、同じ付近を狙うと、竿1本程のタナで今日一番の引き!あがってきたのはこちらも30㎝のグレ。潮が沖へ流れ始め、沖で泡が溜まっているポイントに狙い定めると、アタリが増えてきた。しかし、ウキは消しこむものの、素張りが多発する。前原氏も食い浅いなぁと言いながらも確実に仕留めている。素張りしないように、早合わせや、素早く取り外しできるゴム張りガンダマG6をチモトに打ったりしていると、次第にヒット率が上がってきた。日中の沈黙がなんだったのか思うくらいアタリが続出。素張りも多々ありますがあたれば28㎝オーバー。前原氏はG2ウキで少し深いタナ、私は0号の完全フカセ。浅いタナでも深いタナでも喰ってきた。もう少し粘りたかったが、17時納竿となりました。結局釣果は前原氏が30~33までを12枚、私は28~31㎝を8枚。25㎝台も多数出て、束の間の休日を目一杯楽しむことができました。まだ水温も下りきっておらずグレも期待でき、これからチヌも狙えます。港を出て右側の神子崎近辺の磯では毎年大型のチヌの実績があるので、こちらの方も是非行ってみたいと思います。

水温14度にしては良く釣れた
a0120877_9104767.jpg

私の釣果
a0120877_9105357.jpg

前原氏の釣果 30~33㎝12枚
a0120877_9105964.jpg
a0120877_9111323.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-14 22:49 | 若狭湾の釣り

東海釣りガイド2月号

以前の例会の記事で乗っていました
三輪君もちゃっかり笑
a0120877_13551428.jpg
a0120877_13552188.jpg
a0120877_1355321.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-12 12:32 | その他

1/3.4 和歌山勝浦釣行

新年あけましておめでとうございます。

初釣りは3・4日と上田さん・柳さん・野添君
との4人で和歌山勝浦へ行ってきました。
6時の出船時には釣人がわんさかいます
正月と波が3mあり勝浦に集合したと思われます
上がった磯は「ノミトリ」 4人でも十分釣りができる釣場です
まず上田さんがヒット!
続いて柳さんもHIT!
自分と友人はキタマクラに翻弄される。
マキエが効き出すとグレがたくさんでてきた!
日本海の秋磯のような感じ
木端釣りをしながら1時間30分でローテーションしながら
その場所の釣りを練習できた
途中上田さんが大きいのをかけた!
しかも動画撮影中に上がってきたのは35cmはあるグレ
タモ入れも成功しグレを持ってきて撮影しているカメラに近づくと
グレが暴れて海にポチャ!
ところがその下にグレ用の温泉施設があり無事保護
一同大爆笑でした笑
夕方になると一番左側のポイントに良い型のグレがでてきて
4人集合して皆で仕掛けを入れ込む
自分と上田さんは隣の磯際に潜むグレに狙いを絞る
足元にマキエを入れればその磯際に流れこむ
木端は足元のマキエに酔いしれ
隣の磯際には良型が潜むといった感じで
ウキを沈めながら少し張り気味で待っていると水中でウキが消しこみ
30㎝までポロポロ釣ることができた
この釣り方は知らなかったのでまた引き出しが増えました
日本海・太平洋の釣りと初日は身につくことが多かったです


2日目は沖磯のハゲ島 山成群礁は初めてなので1発大物を期待に出船
ハゲ島の沖側のチョボに入ります
逆光で海がみえないが深そうなので足元からG1号つけて
竿1本から開始すると根がかりする
日が昇ってくると足元は根がかなりいっぱいある
竿1本だけ遠投し仕掛けを軽くして流すとアタリが!
良い引き味でファイヤーブラッド1.5号で上がってきたのは
40㎝ほどのタカノハダイ。
その後潮が左に流れだすが、攻めきれず船着きの内ヨセダ側へ移動
内ヨセダの客が足元でバラシたので
自分も足元を試す
餌取がいるが、辛抱して際を攻める
竿1本のタナで沈めていくと、穂先でアタリが
あわすとゴンゴンゴン!
糸はだすまいと、最初の一撃は止めることができ
胴に乗せてあげようすると軽くなった
無念の針外れ
このポイントも諦め
柳さんの場所を見学に行くと
野添君が1発柳さんが3発バラシした聞き
自分もその間に入れてもらいました
サラシと風がぶつかり潮目が一直線に綺麗にできている
遠投してウキごと入れこみ
張ってまっていると
穂先にゴン!
魚が乗り竿を立てると足元の根にやられるので
竿を右に寝かせて少し寄せてきたところで
チモトからぷつん!
しばらく沈黙が続き夕方に
上田さんの場所へ移動
45㎝はあるグレをタモ入れ直前でバラしたようで
ラストチャンス気合が入る
風が右から強く磯際を沈めて待つもノーバイト
結局グレは30㎝1匹で終了
上田さん・柳さんはグレ35㎝クラスを持っていました
今回経験、技術の差が大きくでましたが身につけた技術は相当大きい釣行となりました。
帰りは事故渋滞で遅くなりましたが楽しい初釣りとなりました。
a0120877_16291367.jpg
a0120877_16291867.jpg
a0120877_16292979.jpg
a0120877_1629355.jpg

a0120877_1630594.jpg
a0120877_16301157.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-06 12:42 | 紀伊半島の釣り

12/30 白木テトラ釣行

釣具若潮屋の納竿例会に参加してきました。
当日は凪であったが昼前に寒冷前線が通過し、西の突風が吹く予報の為
大比田組、白木組に分かれた。
白木は11月に30㎝が数釣りでき今日も期待していた
朝8時に準備しいきなり28㎝のグレが2枚連チャンして
これは今日も爆釣!と思いきや
一気に喰いが渋くなった。


時は流れ・・・・


さらに夕方まで・・・


とその時

なんとウキが入った!

合わせると

ガン!

GGGGGGG!

ブチ!

またばらしてしまった

11月からバラシがかなり多い

手ごたえからすればかなり型

グレの40㎝台かチヌの大型が考えられる

喰い渋りの中ハリスは1号

ハリスをあげようかと考えた矢先のアタリ

難しい。。。

こんな感じでグレ2枚で終了

18時から東旅館で宴会開始

飲んで食べて贅沢な一日でした。

a0120877_17154667.jpg
a0120877_17155199.jpg
a0120877_17155572.jpg
a0120877_1716052.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-05 17:16 | 若狭湾の釣り

12/28 徳島 伊島釣行

徳島の伊島へ行ってきました。
京都で柳さん・上田さんと合流し大阪で吉村さんを乗せ一路徳島へ
真光丸で夜中の3時すぎに出船驚
日が昇る2時間も雨風の中カップラーメンを食べながら温まる
途中夜釣りをするが何のアタリもなし。
日がでてきて早速釣り開始
上田氏・三輪君・私の順に横並び
最初に竿を曲げたのは三輪君
引きからすると40㎝をありそうだ
磯際まで寄せてくる急に足元に潜りこんだ
竿が胴まで曲がりたえるもハエ根がでており痛恨すぎるバラシ。
しかしこの男まだ釣れると楽観している
その後私にも待望のあたり!
ゴン!
キタ!
デカっ!!
プン!
一瞬
気力一瞬ではなくチモト一瞬でした。
その後沖のシモリなど狙うが餌が残り続け時間がすぎていく
7時37分に上田氏の竿が曲がる!
極翔1.5号が綺麗に曲がる
上がってきたのは42cmのグレ!
クラブの会長である上田君は2週間前に行った時
この西のナガハエで40オーバー7枚 5枚重量で6キロを釣っている。
2009年はシマノジャパンカップ・G杯・マルキューと3大会全国大会に出場している。
今年のG杯は4位で優勝も狙えた僅差であったが
無駄のないやりとり、魚を食わす技術今では日本で3本の指に入るトーナメンターといわれている。
釣りを近くで見たかったが遠路きていることもあり魚を釣ることに必死なってしまった
次第に風が爆風に変わり立っているのもやっとくらいになってきた(風速18m)
時刻が12時を周り後2時間
裏側の水道へ移り
ラストは足元に狙いを絞る
アタリがあるがキタマクラばかり
時間がなくなり
納竿間際に
ウキがゆっくり下って
怪しいので早合わせ
グン!
グン!
ぐGGGGGGGGG!
またまた切られちゃいまいた。。。
こんな感じでグレはボーズで終了
上田君は最後に40㎝を追加
三輪君も2発バラシ。
柳さん達は30㎝前後を数釣りしていました。
後日情報を聞くと
瀬戸内海の下げ潮が入り、水温が下りだし喰いが止まったようです。
a0120877_12132731.jpg

a0120877_121475.jpg

a0120877_12115344.jpg
a0120877_1212015.jpg
a0120877_1212585.jpg

[PR]
by kdmejina | 2010-01-05 12:14 | 遠征の釣り